海辺のカフカ(村上春樹)

Pocket

僕は今まで村上春樹を読んだことがなかったので、読書好きとしては読んでおこうと思い、この「海辺のカフカ」を選びました。世界的な作家ということで、大きな期待感をもって読みました。

少しファンタジー要素も加わり、家出をした少年の成長を描いた物語。最後の最後で、あっちの世界と現実の世界をどう解釈してよいのかが僕には難解でしたが、中田さんと星野さんがいい味を出していて、丁度良い箸休めになっているような気がします。

ですが、結論から言うと僕はやや馴染めませんでした。少年の心の描写などはとても繊細でドキドキしたんですが、全体的にテンポの悪さを感じモヤモヤとはっきりしない部分がありました。もちろん主観ではありますが、だんだんと読むのが億劫になってしまったのが、とても残念でした。