【コラム】自己啓発本依存症の果てに

僕の読書人生が開花したのは遅く、30歳くらいでした。ビジュアルではなく文章だけのデザイン書を買ったのが始まりだったと思います。その本は「デザインのデザイン」で、大御所デザイナー原研哉さんが書いた書籍。デザイナーである僕は、この本に感銘を受け、こういった哲学などを読むことも悪くないなぁ…、っと味をしめるきっかけとなりました。 “【コラム】自己啓発本依存症の果てに” の続きを読む